お年寄り

乳酸菌の整腸効果

乳酸菌は整腸効果で有名ですが、実際どのように私たちのお腹を守ってくれるのでしょうか。
乳酸菌が良いとわかっていても、どのように良いかまで知っている人は少ないかもしれません。
お腹を壊して下痢になってしまったり、逆に便秘になってしまったり、お腹の調子はちょっとしたことで崩れがちです。

お腹の調子が悪くなると、お腹が痛かったり気分が悪かったり不快感が常にあります。
健康被害も大きく、お腹の調子は長く悪くなってしまうと腸の機能が低下してしまいます。
小腸の動きが悪くなってしまうのです。

動きが悪くなってしまうと、食べ物の栄養がしっかりと吸収されなくなってしまいます。
逆にいらない栄養が吸収されてしまい、体に悪いと言われている有害物質がどんどん腸内に蓄積されてしまうのです。
有害物質が体の中にとどまり続けることで、それが血液に流れだします。

血液を通して、体中に悪いものが流れてしまうのです。
便秘や下痢のせいで免疫力や新陳代謝が低下してしまうのもそのせいです。
乳酸菌には、そんな腸内の状況を改善する働きがあります。

まずは、ヨーグルトで試してみてはどうでしょうか。
とても手軽に乳酸菌生活をスタートさせることができます。
コンビニエンスストアでもスーパーでも、どこでもヨーグルトは手に入れることができます。

いろいろなメーカーが様々な味のヨーグルトを出しているので、楽しみながら飽きることなく、おやつ感覚で乳酸菌生活を送ることが可能です。
ヨーグルトの乳酸菌は、善玉菌をふやして悪玉菌を退治してくれるので、アルカリ性になってしまった腸の状態を酸性に戻してくれます。
つまり、正常の状態に戻るということです。
お腹を壊すと小腸の動きが悪くなってしまいますが、小腸は栄養を吸収するための大切な器官です。
ヨーグルトで乳酸菌生活することにより小腸の動きが正常化すれば、栄養吸収が余計に行われたりしっかり栄養吸収できなくなってしまったりというトラブルがなくなり、健康を取り戻すことができるでしょう。

Copyright(C) 2013 腸に優しい働きをする菌 All Rights Reserved.